image
(困ったものです 笑)

人を知る者は智なり。
自ら知る者は明(めい)なり。
人に勝つ者は力有り。
自ら勝つ者は強し。
足るを知る者は富む。
強(つと)めて行う者は志有り。
その所を失わざる者は久し。
死して亡びざる者は、
寿(いのちなが)し。
老子

①人を知る者VS自ら知る者
②人に勝つ者VS自ら勝つ者
③足るを知る者VS強めて行う者
④その所を失わざる者VS死して亡びざる者

そんな対比になっています。他人のありかたがわかるものは、ただ頭がよいというだけです。それに対して自分のありかたの分かる者は真に知恵があると言う事です。

他人に勝つことはただ力が強いというだけです。自分に勝つ事が真に強いという事です。

満足する事を知るというのが豊かであるということです。努力して実行しつづけることが目的を持っているという事です。

自然の法則に従って生き方を失わない者は長続きします。たとえ肉体が死んでもその自然の法則に従った生き方が忘れ去られないというのが真の長寿です。

老荘思想が私の根源です。

自然は理不尽な事がたくさん起こります。その理不尽さと向き合っていると少々の事でも普通だと思えてきます。

おかげさまで人に「いつも楽しそうですね」と言われます。本心はそうでもない時もあります

働くとは「自分の時間を人の喜びに変えること」そんな事を考えていればいろんな仕事が寄ってくるのではないでしょうか。

それはさておき自分の機嫌ぐらいは自分で取れる人間になりたいものです。

そんな心がけが、肉体が朽ちても誰かの心の中で残る命ではないでしょうか。それが千年後の人にも残れば嬉しいのですが。

鳳は「令和の松下村塾」になりたいと思います。

今日も雨の中、ありがとうね。