万日回峰 山中康弘   

鳳凰はるか天空にあり  一挙、9万里はばたけり  知らず天地有情の間 孤影の百雷をもって来たらんを (10000歩まで毎日更新)

 「人は、個別の世界と宇宙をもっていて、お互いの関係性のなかで、影響し合いながら、生きていくもの」それぞれが尊い存在....それが唯我独尊です。

~千回これを鍛と言い万回これを練と言う~

鳳は、翼を広げれば世の中が真っ暗になるぐらいの大きさです。南の果てまで飛んでいく姿を見てセミや小鳥たちが笑います。そんなことをしなくても木から木へ移るだけで生きていけるのになぜ?

理由などありません。

今は、生きざま、昔は死にざま 気楽なモノよ 
  
   ハルカびとよ いざゆかん
 
     鮮やかに咲き 鮮やかに散る  山中 康弘     



                           

人と付き合う時の判断基準

(神戸係長と新人の川中君です)

五交/安岡正篤
世に五交というものがある。
一を勢交 (勢力者に交を求める)
二を賄交 (財力ある者に交を求める)
三を談交 (能弁家に交を求める)
四を窮交 (困窮のため苦しまぎれに交を求める)
五を量交 (利害を量(はか)って得な方に交を求める)

いずれも恥ずべきもので長くは続かぬが、かく挙げてくれば真の交わりというものも人世には得難いものである。

鳳の君は、人と付き合う時に何を見ていますか?
一は、勢いのある者〜飛ぶ鳥を落とす勢いの様な状況を見て付き合う事を指します。

二は、いわゆるお金持ち〜財をたくさん持っている者が人格者に見えたり、偉く見えたりしていませんか?

三は、ペラペラ口が達者な者〜論語に「巧言令色鮮なししかな仁」と言う言葉がありますね。言葉が巧みだからと言って中身がいいとは、限りません。

四は、困ったり、苦境に立たされると人は離れていきます。そんな時に見境なく悪い人であろうがいい人に見えたりして寂しさを紛らわしたくなる、そんな事がないでしょうか。

五は、損得感情だけで判断する〜これは、よく見かけますがやってはならない判断方法です。上司がカッコ悪く見えるのもそんな判断基準の上司ではないでしょうか。

最近、鳳が好調ですが2社がこちらの条件で取引をしたいと言う会社がありました。1社は、18年前、に「取引は、現金引き換え以外しない」と言われた会社です。もう1社は、私だけでなく役員に保証をつけるように言われた会社です。

それが財や勢いや損得で判断すると言う事です。逆に言えば私は、苦しかった時にお付き合い頂いた恩や私がまだまだダメ社長だった頃でも辛抱して繋がってくれた恩を忘れません。

会社が良くなってきましたので君たちにも君たちの人間性に関係なく寄ってくる人たちが増えます。その人が本物であるかどうかをキチンと判断できる様な力を身に付けて下さい。

「君子危うきに近寄らず」危険な人物には、近寄らないで下さい。何より誠実さを基準に考えて下さい。

最終的には、縁とは、時間と空間が同じ人同士しか残りませんがそれは、いずれ分かるでしょう。

本日は、雨です。朝から朝礼有りのノー残業の日です。早く帰って下さい。そして仕事も私生活も大切に出来る会社になりましょう。今のままでは、社員の採用も厳しいです 笑? 笑えないか‼︎

(1ヶ月35,000円の社屋で自撮りする松浦社長です。生涯付き合いたい人物です)




成功するまで諦めない


(平成29年6月27日 新人の川中君が1人で施工。いわゆる独立記念日です。これで1日の利益は、また上がります。熊谷君を軸に指導した先輩方、ありがとうございます)


成功するかしないかは、その人のもっている熱意と執念に強く関わっています。何をやっても成功しない人には熱意と執念が欠けているのです。体裁のいい理由をつけ、自分を慰め、すぐ諦めてしまうのです。何かを成し遂げたいときには、狩猟民族が獲物を捕らえるときのような手法をとることです。つまり、獲物の足跡を見つけると、槍一本をもって何日も何日も追い続け、どんなに雨風が吹こうと、強敵が現れようと、その住処を見つけ、つかまえるまでは決して諦めないというようないき方です。成功するには、目標達成に向かって粘って粘って最後まで諦めずにやり抜くということが必要です。稲盛和夫 


あいつが悪い、こいつが悪い、親が悪い、教師が悪い、政治が悪い、上司が悪い、世の中が悪い、景気が悪い、運が悪い〜何かのせいにしている話は、カッコ悪くもあり、みっともないです。


上手くいかないことを他人のせいにしているうちは、成長がありません。その分出会いもなくあじけない人生になってしまいます。


もちろん私も生きていく中で人のせいにしてしまう事が幾度もありました。それが経験を重ねるごとに理性で抑える様になりました。


人は、生命を守るために利己的な部分があります。しかしその生存本能だけでは、人は離れてしまいます。


私も自分自身の思いや行いそのものが自分の運命そのものである事に気付くのに随分かかりました。


今の日本人の3人に1人は、1ヶ月に一冊の本も読んでいません。先人の智恵を借りる事すら出来ません。鳳の君は、1ヶ月に一冊ぐらい読んでいますか?


今の仕事をするのは、今生きるため、学ぶのは、将来のためです。部下たちに指導も出来ない様では話になりません。


さらなる繁栄のために個々の力を高めて下さい。「俺は、本など読めない」と言うのなら人の話に耳を傾け、メモをして自分の言葉になるまで読み返して下さい。


今の業界と比べずにさらに上の人物や会社と比べたり、人格者とお付き合いして下さい。


では、本日もご安全に。



(準備する川中君を見守る先輩もいます)

従業員をやる気にさせる7つの要諦

梅雨の不安定な天気の中、仕事量が人数を上回る中、皆が団結してお客様のご要望に応えつつ、目標を達成へ向けて懸命な努力をする君たちに心から感謝いたします。

危機的な状況こそが成長のチャンスです。物理的に人を増やしたり、設備投資をしたりしても進化と呼べるでしょうか?規模の拡大は、青虫のまま巨大化するのではなく、蝶に孵化する様に考え方を変えて下さい。

下の7つは、会社を100億規模まで大きくして尚且つ経常利益10%と素晴らしい経営を50年以上されている八頭司会長に教えて頂いた社員をやる気にさせる7つの方法です。

付け加えて社員を100%働かせるには、社長の君が300%やれと言われました。まだまだ私の努力が足らない様です。

 
(別府のホテルも見事な経営をされています)

要諦1 従業員をパートナーとして迎え入れる 

自分と一心同体になって仕事をしてくれる「パートナー」(ともに経営の責任を負う共同経営者)として従業員を迎え入れる

要諦2 従業員に心底惚れてもらう

己ばかりを愛していたのでは、誰も惚れてくれない。己を空しくして自己犠牲を払い、従業員のことを最優先に考える

要諦3 仕事の意義を説く

自分のやっている仕事に異議を見出せば、気持ちが高ぶり、持てる力を最大限に発揮してくれる。

要諦4 ビジョンを高く掲げる

会社をこのようにしたいというビジョンを描き、それを従業員と共有して、彼らのモチベーションを最大限に高めていく

要諦5 ミッションを確立する

全従業員で共有でき、モチベーションアップにつながるような公明正大な企業の目的(ミッション)を持つ

要諦6 フィロソフィーを語り続ける

経営者自らがフィロソフィーを持ち、語り、それを社員と共有する

要諦7 自らの心を高める

経営者は、しっかりとして哲学を学び、自分の器を大きくするように努める

 

貧乏、大病、逆境、損得感情


(作家の喜多川 泰さん)

作家の喜多川泰氏の講演に出席させて頂きました。本も面白いのですが塾もされており作家や講演もこなせれています。あっと言う間の2時間でした。その内容をざらっと書いておきます。

子供(社員)が伸びる
→めちゃめちゃ伸びるいい空気をつくる〜それには、すべての人が当事者意識(経営者意識)を持つ様にすることが重要である。しかし100人中99人がそうであっても1人和を乱すのがいればその空気は、壊れる。

人は、何かしら挑戦したから生きている。しかし大人になるに従って純粋な感情がなくなっていき、しぶしぶ挑戦する様になる。→それは、損得感情で考え出す事で起こる。

同窓会→思い出は、有限でありその中で話すからつまらなくなる

50万(時間)貰えて自由に使えるとする。その使い道は、消費?浪費?投資?
→投資に使っているか?100%でなく1%変える事でいい。例え夢が叶わなくても「お前の爺さん(父ちゃん)凄かったぞ」と言う形で後に語られる〜それでもいいではないか。

(昨年、この講演で出会った2人ですが。2人とも教育者で今年の12月24日に結婚されます。真ちゃんおめでとう^_^)

長所をトコトン伸ばす。人は、短所がないから生きている訳ではない。長所が分からない人は、目の前の事に集中する。

夢や希望を持つとそのためにやらなきゃいけない事を考え過ぎて潰される事もある。→そうならないために目の前のやってきた出来事に没頭する。

挑戦する勇気を奪うもの→自分の中にある損得感情であり、今やっている事を疑わない事が大切。

近道を捨てる〜皆が経験した事のない事を経験する事も長所となる。
→遠回りは、財産になる。

向い風を揚力に変える→貧乏・逆境・大病に対してはね返す力を身につける。

発奮する→経験と言うピ-スを積み重ねてパズルを完成させる。何かに挑戦し続ければ良縁に出会える。挑戦する勇気が未来を拓く、、

心の火を絶やさない
→油断すると火が消える

目標があっても目的がない→目標を達成さえすればいい〜そうではなくこれを達成する事で何をしたいのかを持ち続ける。

安全で得をして楽をして生きる〜そんな生き方の選択よりも自分の命よりも大切なものがある事を知る、見つける。
(和ごころ一期生と記念撮影)

そんな話でした。経営も生き方も同じです。そして鳳諸君も人の話を聞いたらメモをする習慣を身につけて下さい。こうやって書く事で自分の整理ができ、記憶が残ります。聞きっぱなし、読みっぱなしでなく、それを書いたり人に話したりする事で自分の言葉になっていきます。

では、本日は、あいにくの雨ですが日曜日ですがゆっくり身体を休めて下さい。
(生徒の事を1番に考える素晴らしい先生です。和ごころ塾一期の同期生です)








自らの道は自ら切りひらく

昨日は、鳳のボウリング大会&焼肉会でした。全員集合で楽しく過ごさせて頂きました。昨年ビリの私は、ガ-タ-2発から始まりましたがまさかのストライク三連発のタ-キ-でチ-ムを牽引して⁈

チ-ム優勝となりました。


重松君が178と個人優勝をとげ、足を引っ張った牛島係長がブ-ビ-勝と三人三様の活躍の中、他のメンバーとも楽しく過ごす事が出来ました。



(優勝した重松君)


その後は、焼肉会で飲むわ、食うわでやはり食い放題、飲み放題にしなければコストが高過ぎて予算をオ-バ-していまいます 笑


(小林支店長は、仕事も遊びも一生懸命)


熊谷君は、7月8日の彼女の誕生日プレゼントのために優勝狙いにいきましたがあえなく撃沈。ウエストの焼肉3千円では、彼女が可哀想です 笑



幹事の中村主任は、お世話ありがとうございました。流石、ノ-クレ-ム1000日越えて記録を更新中の男は、緻密な幹事をします。次の幹事は、熊谷君に指名しましたが次は、お盆前のコンパになります。


幹事は、奉仕の精神を持ちつつ、全体に目を配りつつ、予算を考えなければなりません。今後は、若手にお願いします。

本日は、とりとめのない話になりましたがご安全にお願いします。


レクレーションの翌朝も今村、熊谷、川中で神戸係長が受注した長崎の断熱工事で朝6時前から出ていきました。他のハルカビトももちろん同じです。仕事も遊びも一生懸命です。また焼肉の席で20歳の熊谷君と18歳の川中君が社長になりたいと言う話を思い出し、嬉しくなりました。


2人が会社を引っ張る頃には、私はいませんが頑張って次の世代にバトンを渡して下さい。今のまま素直に誠実に成長してくれれば嬉しいです。


しかし自らの道は、自分で切り開いて下さい。誰もあてにしない事です。



私たちの将来は誰が保証してくれるものでもありません。たとえいま、会社の業績がすばらしいものであったとしても、現在の姿は過去の努力の結果であって、将来が、どうなるかは誰にも予測できないのです。将来にわたって、すぼらしい会社にしていくためには、私たち一人一人が、それぞれの持ち場、立ち場で自分たちの果たすべき役割を精一杯やり遂げていくことしかありません。誰かがやってくれるだろうという考え方で人に頼ったり、人にしてもらうことを期待するのではなく、まず自分自身の果たすべき役割を認識し、自ら努力してやり遂げるという姿勢を持たなければなりません。

稲盛和夫




ギャラリー
  • 人と付き合う時の判断基準
  • 人と付き合う時の判断基準
  • 成功するまで諦めない
  • 成功するまで諦めない
  • 従業員をやる気にさせる7つの要諦
  • 貧乏、大病、逆境、損得感情
  • 貧乏、大病、逆境、損得感情
  • 貧乏、大病、逆境、損得感情
  • 貧乏、大病、逆境、損得感情